6月6日: シャブオット

–  神の国のコミュニティー

神様とイスラエルとは特別な関係であるにもにもかかわらず、神様のゴールはユダヤ人と異邦人とがひとつになる神の国を創造することです。神様はユダ ヤ人にも異邦人にもイェシュアへの信仰をとおした恵みによって神の国へ入ることを求めました。シャブオットで捧げるユニークな捧げ物はひとつの預言的青写 真です。

祭司が神に”主に捧げる初穂”と呼ばれる1つのプレートの上で、ふたつのパンを揺り動かす場面を憶えておいてください。

出エジプト記12:49

イスラエルに生まれた者にも、いっしょに住む外国人にも、同じ法律が適用される。

使徒行伝 2:39

それは、キリスト様が約束してくださったのです。 あなたがたは言うまでもなく、あなたがたの子孫、また遠くにいても、私たちの神である主が、ちゃんとお招きになったすべての人にも、与えられるのです。」

神様にとっての神の国の目的は、昔も今も“全世界が神の栄光の知識で満たされること”、結果としては神への礼拝です。

世界の人々がメシアであるイェシュアを信じて神の国の市民になるように祈りましょう

 

 

 

 

 

 

– The Kingdom Community

Despite God’s unique relationship with Israel, His goal was to create a single Kingdom community consisting of both Jews and Gentiles.  God required both Jews and Gentiles to enter into the Kingdom in the same way – by grace through faith in Yeshua.

The unique offering made on Shavuot is a prophetic picture of this community. Remember the priest waved two loaves on one platter which God called “firstfruits unto the Lord.”

The two loaves represent Jews and Gentiles that God puts together on one platter – thus the One New Man.

Exodus 12:49

One law shall be for the native-born and for the stranger who dwells among you.”

Acts 2:39

For the promise is to you and to your children, and to all who are afar off, as many as the Lord our God will call.”

God’s purpose for His Kingdom was and remains “to fill the earth with the knowledge of His glory” which will result in worship.

PRAY THAT ALL PEOPLE WILL BECOME CITIZENS OF THE KINGDOM OF GOD THROUGH FAITH IN YESHUA THE MESSIAH.

Nurtured by the same root, yet maintain their distinction.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です