5月13日:死から命へ

‐神様とイスラエルとの独特な関係

神様の愛、イスラエルとの関係、彼らへの計画はイスラエルの反逆によって変わるものではありません。今日、もっと多くのユダヤ人たちがイェシュアを信じる信仰によって神様と関係が回復されるのを見ます。

エゼキエル書37: 24-27

24わがしもべダビデは彼らの王となる。彼らすべての者のために、ひとりの牧者が立つ。彼らはわがおきてに歩み、わが定めを守って行う。 25彼らはわがしもべヤコブに、わたしが与えた地に住む。これはあなたがたの先祖の住んだ所である。そこに彼らと、その子らと、その子孫とが永遠に住み、わがしもべダビデが、永遠に彼らの君となる。 26わたしは彼らと平和の契約を結ぶ。これは彼らの永遠の契約となる。わたしは彼らを祝福し、彼らをふやし、わが聖所を永遠に彼らの中に置く。 27わがすみかは彼らと共にあり、わたしは彼らの神となり、彼らはわが民となる。

ダビデの子孫、イェシュアがこの預言を成就しました。神様の永遠な平和の契約は、神様の恵みと信仰によってイスラエルと世界を永遠に治めます。

神様がイスラエルと結んだすべての約束が成就することを宣言し祈りましょう。

 

The Knesset Menorah, situated on the edge of the Rose Garden across from the Knesset building, is the work of the Jewish-English artist of German origin Benno Elkan (1877 – 1960). The Menorah is molded of bronze and resembles the menorah (7-branched candelabra) of the Temple, which has come to be a Jewish symbol. The sculpture is 4.30 meters high, 3.5 meters wide, and weighs 4 tons. The main theme of the work depicts the spiritual struggles of the Jewish people and it is engraved with the passage “Not by strength and not by power, but by my Spirit, says the Lord who rules over all” (Zechariah 4, 6). The Menorah includes engravings of biblical figures and events from the tradition and history of the Jewish people. The engravings on the six side branches of the Menorah portray the fate of the Israeli people since it was exiled from its land, and the engravings on the center branch portray the people’s fate since the beginning of the return to the land up to the establishment of the State of Israel.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です