12月4日: 神様の保護

最終的に神はイスラエルの力と保護です。神様は「人」を通して働き、勝利を与えます。

しかし、忘れてはいけないのは、神様によるもののみ、勝利を勝ち取ることができるのです! 

詩編‬ ‭108:1-14

「【歌。賛歌。ダビデの詩。】 神よ、わたしの心は確かです。 わたしは賛美の歌をうたいます。 「わたしの誉れよ 目覚めよ、竪琴よ、琴よ。 わたしは曙を呼び覚まそう。」 主よ、諸国の民の中でわたしはあなたに感謝し 国々の中でほめ歌をうたいます。 あなたの慈しみは大きく、天に満ち あなたのまことは大きく、雲を覆います。 神よ、天の上に高くいまし 栄光を全地に輝かせてください。 あなたの愛する人々が助け出されるように 右の御手でお救いください。 それを我らへの答えとしてください。 神は聖所から宣言された。 「わたしは喜び勇んでシケムを分配しよう。 スコトの野を測量しよう。 ギレアドはわたしのもの マナセもわたしのもの エフライムはわたしの頭の兜 ユダはわたしの采配 モアブはわたしのたらい。 エドムにわたしの履物を投げ ペリシテにわたしの叫びを響かせよう。」 包囲された町に 誰がわたしを導いてくれるのか。 エドムに、誰がわたしを先導してくれるのか。 神よ、あなたは我らを突き放されたのか。 神よ、あなたは 我らと共に出陣してくださらないのか。 どうか我らを助け、敵からお救いください。 人間の与える救いはむなしいものです。 神と共に我らは力を振るいます。 神が敵を踏みにじってくださいます。

神を通して私たちは大胆です。敵を踏みにじるのは神であるからです。

Jerusalem

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です