11月7日: エルサレム

エルサレムは、世界の中で、最もユニークな都市です、なぜなら、神ご自身の名を置くために選ばれた唯一の街だからです。あの街の道を歩き、丘に登るまで、神の臨在がどのように空気を満たしているかを完全に理解することはできないと思います。

神様は、エルサレムに住んでいる人々と、聖殿のためにエルサレムの平和を祈るように命じています。

悲しいことに、現在、都市の分割を主張する人たちが、イスラエルの神様を拒否する人たちに加わわっているのです。

‭‭詩編‬ ‭137:1-6‬

「バビロンの流れのほとりに座り シオンを思って、わたしたちは泣いた。 

竪琴は、ほとりの柳の木々に掛けた。 

わたしたちを捕囚にした民が 歌をうたえと言うから 

わたしたちを嘲る民が、楽しもうとして 「歌って聞かせよ、シオンの歌を」と言うから。 どうして歌うことができようか 主のための歌を、異教の地で。 

エルサレムよ もしも、わたしがあなたを忘れるなら わたしの右手はなえるがよい。 

わたしの舌は上顎にはり付くがよい もしも、あなたを思わぬときがあるなら もしも、エルサレムを わたしの最大の喜びとしないなら。

 ‭あなたの国、教会が、エルサレムの分割を反対するように祈りましょう、



Somali Wild Asses- less then 1000 in the wild

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です