11月6日: 神様とイスラエルとの独特な関係

詩篇作者は、世界に証人としてイスラエルを選ばれたことを、神様に思い起こしています。イスラエルを攻撃するものは、実際に神様を攻撃することなのです。

‭‭詩編‬ ‭74:18-23‬ ‭

「主よ、御心に留めてください、

敵が嘲るのを 神を知らぬ民があなたの御名を侮るのを。 

あなたの鳩の魂を獣に渡さないでください。 

あなたの貧しい人々の命を 永遠に忘れ去らないでください。 

契約を顧みてください。 地の暗い隅々には 不法の住みかがひしめいています。 

どうか、虐げられた人が再び辱められることなく 

貧しい人、乏しい人が 御名を賛美することができますように。 

神よ、立ち上がり 御自分のために争ってください。 

神を知らぬ者が絶えずあなたを嘲っているのを 御心に留めてください。 

あなたに刃向かう者のあげる声 あなたに立ち向かう者の常に起こす騒ぎを 

どうか、決して忘れないでください。

国々のために祈りましょう、

神様とイスラエルとの独特な関係を畏れ認識するように。

 

Yotvata Hai-Bar Nature Reserve

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です