11月4日: 神様とイスラエルとの独特な関係

ユダヤ人の祈りは、常にイスラエルとのユニークな関係に基づいています。国家としてのイスラエルの歴史の始まりから、神様はしつけと解放の両方を絶えずもたらしてきました。不信仰の国に対する神様の忠実さは世界に御自身の方法と性質の証しです。

詩編‬ ‭74:1-8‬ ‭

神よ、なぜあなたは 養っておられた羊の群れに怒りの煙をはき 

永遠に突き放してしまわれたのですか。 

どうか、御心に留めてください 

すでにいにしえから御自分のものとし 

御自分の嗣業の部族として贖われた会衆を 

あなたのいます所であったこのシオンの山を。 

永遠の廃虚となったところに足を向けてください。 

敵は聖所のすべてに災いをもたらしました。 

あなたに刃向かう者は、至聖所の中でほえ猛り 

自分たちのしるしをしるしとして立てました。 

彼らが木の茂みの中を 斧を携えて上るのが見えると 

ただちに手斧、まさかりを振るって 彫り物の飾りをすべて打ち壊し 

あなたの聖所に火をかけ 

御名の置かれた所を地に引き倒して汚しました。

 「すべて弾圧せねばならない」と心に言って 

この地にある神の会堂をすべて焼き払いました。

 

Yotvata Hai Bar Nature reserve

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です