11月27日:神様とイスラエルの独特な関係

ホセア書 2:14-18

14それゆえ、見よ、わたしは彼女をいざなって、荒野に導いて行き、ねんごろに彼女に語ろう。 15その所でわたしは彼女にそのぶどう畑を与え、アコルの谷を望みの門として与える。その所で彼女は若かった日のように、エジプトの国からのぼって来た時のように、答えるであろう。 16主は言われる、その日には、あなたはわたしを『わが夫』と呼び、もはや『わがバアル』とは呼ばない。 17わたしはもろもろのバアルの名を彼女の口から取り除き、重ねてその名をとなえることのないようにする。 18その日には、わたしはまたあなたのために野の獣、空の鳥および地の這うものと契約を結び、また弓と、つるぎと、戦争とを地から断って、あなたを安らかに伏させる。

神様のイスラエルとの契りは永遠なものです。

ホセア2: 19-20

 19またわたしは永遠にあなたとちぎりを結ぶ。すなわち正義と、公平と、いつくしみと、あわれみとをもってちぎりを結ぶ。 20わたしは真実をもって、あなたとちぎりを結ぶ。そしてあなたは主を知るであろう。

  

イスラエルが神様の愛に立ち戻るよう、彼らの神様と結んだちぎりに立ち返るよう祈りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です